新エネルギー研究所

バイオマス発電

バイオマス燃料とは動植物に由来する燃料の総称です。石油や石炭が大昔の生物に由来する化石燃料であるのに対し、バイオマス燃料は現在の生物に由来することから「生きた燃料」とも言われています。このバイオマス燃料を利用して電力を得ることをバイオマス発電と言います。

バイオマス燃料は主に廃棄物系と栽培作物系に分類されます。廃棄物系には農作物を生産する際に出たもみ殻などのごみ、畜産業での家畜糞尿、林業での間伐材やオガクズなどが含まれます。どれも農林水産関係のごみです。さらに生ごみや廃油、木屑なども全て廃棄物系のバイオマス燃料です。

これに対して、トウモロコシやサトウキビなど食用に出来る作物からエタノールを製造し、それを燃料として利用するものを栽培作物系のバイオマス燃料と言います。こうして製造されたエタノールは特にバイオエタノールと呼ばれ、ガソリンの代替品として利用することができます。バイオエタノールは原油高と関連して製造が拡大し、食用以外の穀物需要が急増しました。このことが食料高騰を招いており、思わぬ課題が浮き彫りになっています。

バイオマス燃料が持つ特性としてカーボンニュートラルという考え方があります。例えば間伐材からバイオマス燃料を製造する場合、燃料を利用する際にCO2が発生しますが、そのバイオマス燃料は樹木として生育する過程でCO2を吸収しています。結果的にCO2の量を増減させないことにより、地球温暖化対策とするのがカーボンニュートラルです。

新エネルギーの種類

太陽光発電

普及の進行度や将来性において、最も有力視されている新エネルギーが太陽光発電です。資源が尽きることはなく、発電時にCO2を全く排出しない理想的なエネルギーです。

太陽熱発電

太陽から降り注ぐエネルギーには光と熱があります。日光は明るいのと同時に浴びていると暖かいのは太陽光線に熱があるからです。これを太陽熱と言い、この太陽熱を新エネルギーとして利用する研究が進められています。

地熱発電

日本には地熱発電に有利な条件が揃っており、今後も利用の拡大が期待されています。地熱発電の仕組みと将来性について見てみましょう。

水力発電

川を流れる水の力を利用して発電するのが水力発電です。川がなくならない限りは利用が可能な無限のエネルギーで、日本は古くから水力発電の恩恵を大きく受けている国です。

風力発電

風の力で風車を回し、その動力で発電をするのが風力発電です。自然界の無尽蔵なエネルギーを利用できることと、発電時のCO2排出がないことから、新エネルギーとして脚光を浴びています。

廃棄物発電

廃棄物発電とは、その名の通り廃棄物、つまりごみなどを焼却する時に得られる火力を利用して発電をする仕組みです。ごみ処理と同時に発電が行えるため、一石二鳥の新エネルギーです。

波力発電

波は海と風という自然の巨大なエネルギーによって作り出されるものです。その巨大なエネルギーを利用するのが波力発電という新エネルギーです。

潮力発電

地球の自転や月の引力によって、海には満潮や干潮といった潮の干満があります。この時に大量の海水が移動する力を利用して発電を行うのが潮力発電です。

天然ガスコージェネレーション

天然ガスとは石油や石炭と同様に枯渇性エネルギーのひとつです。そういった意味では新エネルギーではありませんが、エネルギーの利用効率を大幅に高めることにより省エネルギーを可能にするのが天然ガスコージェネレーションです。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright (C) 2008 新エネルギー研究所 All Right Reserved.