新エネルギー研究所

マイクログリッド

大規模な発電所で大量の電力を発電し、それを広い地域に対して送電するというのが現在の電力供給システムです。これを「電力系統」と言います。この仕組みにおいては電力の安定供給などにメリットがありますが、電力需要のある場所と発電所が離れているため、長距離の送電線で結ぶ必要があります。電気は送電線を通って需要地まで送られる過程で一部が失われる性質があり、その分が無駄になってしまいます。他にも大規模発電所で大量のエネルギーを消費し、有害物質やCO2が排出されることによる環境負荷などの問題が指摘されてきました。

さらに、IT社会の発展により電力の安定供給は社会の根幹を支える重要なインフラとなりました。発電所と需要地とが離れていることによる停電のリスクも軽視できません。

そこで考案されたのが分散型エネルギーです。これは大規模発電所ではなく小規模な発電所を需要地の近くに設置することにより、電力供給の安定化を図るシステムです。この際に利用される小規模な発電所は電力系統からの独立を前提として、その地域で利用可能な再生可能エネルギーによる発電を行います。

しかし、再生可能エネルギーの中には自然条件の影響を受けるものもあり、電力供給の安定化に課題があります。そこでこれらの小規模発電所をネットワーク化し、相互に電力を供給しあうことで自然条件による電力変動のリスクを抑えることができます。このような分散型エネルギーを「マイクログリッド」と言います。

新エネルギーの特徴

再生可能エネルギー

文字通り再生が可能なエネルギーとは、使ってしまうとそれで終わりではなく、自然界の営みによって半永久的に利用できるエネルギーのことを意味します。それは太陽光や地熱、風力だけでなく、多くの種類があります。

有害物質の排出量を減らせる

再生可能エネルギーは、元から自然界にあるエネルギーを利用します。石油や石炭などの資源と違い、有害物質やCO2などの排出が極めて少ないのも大きな特徴です。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright (C) 2008 新エネルギー研究所 All Right Reserved.