新エネルギー研究所

有害物質の排出量を減らせる

石炭や石油など、これらの資源は自然界に存在するものですが、燃焼してエネルギー利用することは人間独特の営みです。この人間独特の営みによって、大気中には有害物質やCO2が大量に放出されます。これらの物質が環境に対して悪影響を与えていることは近年の研究で実証されており、地球温暖化現象もCO2が大きく関係していることが分かっています。

一方、太陽光や風力、地熱などの再生可能エネルギーも元から自然界に存在するものです。しかし、人間がこれら自然の営みをエネルギーとして利用しても、あるいは利用しなくてもその活動に変化はありません。つまり、元からある自然の営みをエネルギーに変換しているだけなので有害物質やCO2の排出がほとんどありません。

再生可能エネルギーが半永久的なエネルギーであるということには、エネルギーそのものが無尽蔵にあることだけなく、地球環境への負荷が極めて少ないことから永続的に利用することができるという意味も含まれています。

この点は、再生可能エネルギーが次世代エネルギーとして期待されている大きな理由のひとつです。

新エネルギーの特徴

再生可能エネルギー

文字通り再生が可能なエネルギーとは、使ってしまうとそれで終わりではなく、自然界の営みによって半永久的に利用できるエネルギーのことを意味します。それは太陽光や地熱、風力だけでなく、多くの種類があります。

マイクログリッド

再生可能エネルギーによる小さな発電所を、ひとつのネットワークとして連携させ利用することにより構築されるマイクログリッドは、将来的には大規模発電所を不要にする可能性を秘めています。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright (C) 2008 新エネルギー研究所 All Right Reserved.